全身脱毛 効果が遅い部位のケア


main_top
今すぐチェック

全身脱毛の中でも効果が遅い部位のケア

全身脱毛の中でも効果が遅い部位のケアはこうする!

全身脱毛の中でも効果が遅い部分があります。

そのような部位には専用のケアを行い、脱毛効果を高めましょう。

効果がでにくい部位1:顔

全身脱毛の中でも効果がでにくい顔のケアは普段の保湿ケア+一週間ごとの保湿ケアで重点的に行いましょう。

まず、普段の顔の美肌・保湿ケアですが、基本をしっかりと頭に入れておくのが大事です。

洗顔で汚れや化粧をしっかり落とし、時間をかけすぎずに30秒から1分までの間に洗顔は終わらせます。

しっかり汚れを洗い流したら、時間をなるべく空けずにすぐに保湿ケアを行いましょう。

顔の保湿ケアは5分経ってしまうとやってもすでに水分が奪われていて意味がないとされています。

ですから、洗顔の後はなるべく早めに化粧水と保湿クリームでケアしましょう。

また、一週間に一度は保湿パックをするのがオススメです。

一週間に一度時間をかけて行うことで、顔の保湿状態が高く維持されます。

このように保湿ケアに重点を置き、顔の細胞の状態を良くしておけば、高い脱毛効果が期待できますよ。

効果がでにくい部位2:Vライン

次に、全身脱毛の中でも効果がでにくいVラインのケアは、保湿ケア&リンパマッサージで乗り切りましょう。

Vラインは毛質は脱毛効果が高い毛質なのですが、ワキなどと違って毛穴が深めなので、なかなか光が届きにくく、また肌状態も悪くなりがちなので、脱毛効果がさがってしまい、効果が感じられない場合があります。

ですから、Vラインのケアでは重点的に保湿ケアを行うことだけでなく、Vラインの肌に重要な栄養素を届け、老廃物を流してやることが重要なのですね。

ですから、入浴後の保湿ケアの際、Vラインではまず足の付け根のリンパの流れを意識して、上から下に流すようにマッサージをしてみましょう。

リンパの流れが良くなると、Vライン周辺に溜まっていた老廃物が流れ、肌状態が良くなり、結果的にVラインの脱毛効果をアップさせます。

効果がでにくい部位3:うなじ

全身脱毛の中でも、産毛でなかなか効果がでにくいうなじ・襟足脱毛ですが、保湿ケアと紫外線対策で効果アップしましょう。

うなじは自分の目では見えないので、外出時もついつい紫外線対策をせずにでてしまいがちです。

そのため、思ったよりも自分のうなじが黒いと感じる人も多いのではないでしょうか?

うなじはそもそも産毛しか生えていませんから、肌が黒いと肌のメラニンにエネルギーが分散され、脱毛効果がさがってしまいます。

このような失敗例にならないためにも、やはりうなじには日ごろから日焼け止めをきちんと塗るのが大事です。

化粧水と混ぜて塗りやすくするなどして、日焼け対策に工夫を凝らしましょう。

これらの部位は脱毛効果が思ったよりも遅い場合があるので、ケアをしっかりして普段から脱毛効果を高めるための努力をしましょうね。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@全身脱毛ランキング!《料金・回数を重視!》 All Rights Reserved.