脱毛期間中の手作り保湿クリームはNG


main_top
今すぐチェック

脱毛期間中の手作り保湿クリームの使用は控えて

脱毛期間中には手作りの保湿クリームは使わない!

最近は「自分で自作する」というのがいろいろなジャンルで流行っていて、DIYやリメイクなどを自分で行う女性も増えていますね。

美容業界においても、ボディ用の保湿クリームなどを自作する女性が増えてきました。

素人でも比較的簡単にできるレシピなどもあるようですね。

しかし、脱毛期間中に脱毛部位の保湿ケアに使用するものは、できれば今まで使用している市販のものが良く、手作りのものは避けましょう。

その理由は大きく分けて3点あります。

理由1:成分がきついのに気づかない可能性も

あまり成分の知識がない素人が手作りの保湿クリームをレシピを見て作る場合、実は肌への刺激が強くても気づかない恐れがあります。

そのため何も知らない状態では、肌の状態がデリケートな脱毛期間中に使用しないことをオススメします。

例えば、気軽な気持ちで香料やカラフルな色素を見た目や香りのために入れる人も多いですね。

ラベンダーの香りとラベンダーの淡い紫色だったりすると、女性ならテンション上がりますよね。

しかし、この時ラベンダーの香油からでるもの以外にも、香料を入れたり、肌にはあまりよくない色素を混ぜて入れたりするとどうでしょう。

このような色つき香りつきの保湿クリームができることは実際にはあり得ます。

そうなると、オーガニックにこだわって材料を集めていても、いざ使用してみると肌への刺激が強くて、肌荒れや赤みなどの症状が現われることがあります。

専門的な知識が少ないままに自作保湿クリームを作って使うのは、少なくともデリケートな脱毛部位への使用は控えましょう。

理由2:保湿効果が十分でない可能性も

次に、自作した保湿クリームの場合、材料の配合や分量によって、しっとりしすぎたり、反対に保湿効果が薄く乾燥肌になってしまったりします。

特に気づかないうちに乾燥肌になってしまうと、乾燥しがちな脱毛部位の肌に乾燥が定着してしまって、なかなか通常通りの健康的な肌に戻りにくくなったりします。

このようなことを防ぐためにも、まだ配合や分量などがあまりわからない人は、自作したものを試しに脱毛部位に使ってみるのはやめましょうね。

理由3:使用期限が短く、過ぎて使ってしまい肌トラブルになることも

最後に、自作した保湿クリームの場合、取り入れた材料によっては期限が短かったり、置き場所や容器によってはカビが生えたりします。

カビや腐っていても気づかずに使用して、肌環境が悪くなってもいけませんよね。

特に脱毛期間中はその部位の肌が乾燥がちでデリケートになっていますから、使用期限に気を付けて、カビや臭みに注意して使用しなければなりません。

素人では気づかない場合も多いので、やはり慣れていない人は使用しないのが良いでしょう。

これらの理由から、脱毛期間中に手作りの保湿クリームを脱毛部位に使用するのはおすすめできません。

どうしてもという場合には、必ずパッチテストをしてから使用し、万が一トラブルがでても脱毛に影響を与えないようにしましょう。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@全身脱毛ランキング!《料金・回数を重視!》 All Rights Reserved.