大阪 脱毛期間中 汗対策


main_top
今すぐチェック

大阪で脱毛期間中の汗対策

大阪で脱毛期間中の汗対策ではここに注意!

大阪は夏場は特にヒートアイランド現象もあって暑くなりますが、脱毛期間中の汗対策ではいくつか注意が必要です。

今回は汗対策の注意点をいくつか挙げてみましょう。

注意点1:制汗スプレーを多用しすぎてはだめ!

夏場の汗対策として、まず制汗スプレーを多用しないようにしましょう。

制汗スプレーには化学物質も含まれていて、肌へも強い刺激を与えます。肌が強い刺激を感じてしまうと、脱毛期間中のデリケートな肌では、トラブルに結びつく恐れがあります。

さらに、制汗スプレーで汗を抑えすぎるのも良くありません。

もちろん人と会うときなど制汗スプレーを便利に使うのは構いませんが、必要ない時間には洗い流して落としたり、普段は他の方法で汗対策をするようにしましょう。

注意点2:タオルで汗をぬぐうときはあてるように

汗をかいた際、汗をぬぐうときはタオルをあてるようにして使用しましょう。

また、汗が自然と乾くのもNGなので、必ずタオルでこまめに拭くようにしましょう。

まず、タオルで汗を拭く際に、ごしごし肌をこすると肌自体は気持ちよくなったように感じます。

しかし、タオルでごしごしと肌をこすってしまうと、肌を傷つけたり必要以上の強い刺激を肌に与えてしまいます。

汗はかいたら、こまめにタオルをあてるようにしてふき取りましょう。

さらに、汗の自然乾燥も良くありません。

汗が自然に乾燥すると、水分が蒸発して肌表面に塩分が残ります。

そうすると肌表面の塩分に惹きつけられて、顔の皮膚内の水分が外にでてしまいます。

汗をかいたときは、必ずこまめにタオルをあててふき取ることを意識して過ごすと、脱毛後の仕上がりにも良い影響があるでしょう。

注意点3:冷房で乾かさない

汗を自然乾燥させるのも良くありませんが、冷房機器で乾燥させるのも良くありません。

冷房機器の風は乾燥しています。

特にエアコンの風は肌に良くない風です。

汗をかいていても、冷房の効いたショッピングセンターやデパートの中に入ると、汗を拭くのを忘れて乾かしてしまう場合がありますね。

あれは肌を余計に乾燥させてしまい、良くありません。

脱毛効果を下げず、脱毛後の肌の仕上がりも美しくするためにも、冷房で汗を乾かさないようにしましょう。

暑いところから冷房の効いた室内へ入るときは、入る前にしっかり汗をぬぐっておくのがおすすめですよ。

これらの注意点に気を付けて、夏場の汗対策を行いましょう。

脱毛成功のためにも、毎日意識することが大切です。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@全身脱毛ランキング!《料金・回数を重視!》 All Rights Reserved.