脱毛中の病気


main_top
今すぐチェック

脱毛中に病気になった場合


脱毛期間って部位によって変わりますが、ワキの下で1年半から2年かかります(個人差はあります)。

その間に病気で入院や治療をすることになってしまった、ということもあるかもしれません。

脱毛中に病気になってしまったらどうすればいいのでしょうか?

原則としてどんな病気でも、かかってしまったら回復するまで脱毛しない方が良いのです。

病気にかかっているときは肌がデリケートになっているので、施術後に皮膚に違和感を抱くことがあります。

もし脱毛当日に体調不良になっていたら、早目にサロンに連絡の上、予約を変更してもらいましょう。

風邪等の日常かかりやすく、すぐ回復の見込みがある病気ならば、体調が回復してから再び脱毛を受けることが出来ます

問題なのは、施術後に重い皮膚トラブルを起こす可能性のある病気になってしまったときでしょうか。

例えば重い糖尿病の方が光脱毛を受けた場合に、健康な方では起こることがないひどい炎症を起こしてしまうことがあります。

糖尿病の患者さんは免疫力が下がっていて、皮膚のバリア機能も弱まっている為です。

しかも治りが悪く、痕が残ったり壊死を起こしてしまう場合もあるのです。

またこれは体質の問題なのですが、ケロイド体質や光アレルギーが脱毛中に分かる場合があります。

この場合も光脱毛が皮膚トラブルをまねく確率が大変高いので、糖尿病の方も合わせて脱毛を中断することをおすすめします。

ところで、脱毛をコースメニューで申し込んでしまっていた場合、病気による途中解約って出来るのでしょうか?

これはサロンによって様々な規約があり一概に言えないのですが、病気でもう脱毛に通うことが出来ないといったやむを得ない理由があれば途中解約できるサロンもあります。

途中解約制度があれば、もしすでに支払いをしてしまっていれば、こなした回数以外は清算して返金してくれます。

これは契約を交わす際に、サロンスタッフに良く確認する必要がある大事なポイントです。

最新ランキングはコチラ

Valid XHTML 1.0 Transitional

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2015 大阪@全身脱毛ランキング!《料金・回数を重視!》 All Rights Reserved.